2021年12月~プレオープン 隔離なしで語学留学受け入れ再開へ



2022年新バンダラウェラ高原ステイプランの特徴


新プランではコロナの感染リスクを考慮し、都市部を避け、涼しい気候で人気の高原の街バンダラウェラに滞在頂きます。バンダラウェラは日本で言えば夏の軽井沢のような気候です。基本的にエアコンが不要なエリアです。

 

宿泊先は当校指定の歴史ある名門のバンダラウェラホテルです。ホテルは市内中心地に位置しています。パブリックスペースもゆったりしており、静かで落ち着いた雰囲気のホテルですので、リラックスしてお過ごし頂けます。

 

授業は、午前のグループレッスン、午後のOne to Oneレッスンのコンビネーションでご用意しています。

 

担当教師は基本的にワクチン接種完了者あるいは事前のPCR検査で陰性を確認した上で、担当させて頂きます。

 


午前:少人数グループレッスン、午後:One to oneレッスン


授業スケジュール

授業は午前・午後の合計6コマ=計6時間/日(小休憩・Tea Break含む)を受講頂きます。

Small Group Lessonで通常3名程度、最大でも5名以下の少人数で行います。

  • 午前のレッスン

①フリートーク&ディスカッション 

②実践的な場面を想定しての英会話 (例:レストランでの注文方法や電話応対などのシーン別練習)

③受講生からのリクエスト 希望に応じて毎日内容を決定します。

 

  • ゆったりとしたランチタイムを設定

語学レッスンでは想像以上に脳が疲労します。ゆったりとランチを取ってリフレッシュをして、午後からの授業に臨んで頂けます。

 

  • 午後のレッスン

④~⑥ 3コマのOne to One Lessonを行います。

小休憩・TEAタイムをはさみ、計3.5時間の個人レッスンを行います。

内容は個々のレベルや目標に合わせて調整します。

 

グループレッスン、One To ONEレッスンは滞在ホテルまたはロッジで行います。

グループレッスンの際に移動が必要な場合は、トゥクトゥクで送迎します。

 

 ※プログラムは月曜開始を基本とします。

初日の午前または午後に①滞在オリエンテーション、②レベルチェック、③レッスンの要望などのヒアリングを行いますので、1日目の授業時間は3時間程度となります。

 

 ※コロナ感染状況により教師の移動が制限されるなどで対面授業が困難な場合、On-LINE Lesson等の代替授業を行う場合があります。

ゆったりしたレッスン


基本利用ホテル Bandarawela hotel


Badarawela Hotelは高原の街バンダラウェラにあるこの街一番の歴史あるコロニアル様式のホテルです。今回の新プランでは同ホテルを贅沢に使用します。満室の場合、市内の同クラスのホテルをご案内する場合があります。お早めのご予約をお勧めします。

 

パッケージには第1週目は朝夕食付き、2週目以降は朝食が付いています。同ホテルの落ち着いたホテルの雰囲気の中で、ゆったり滞在・学習して頂けることと思います。

 

また、同ホテルはバンダラウェラの街の中心に位置しています。スーパー、ローカルレストラン、バスターミナルへの移動にも便利です。(徒歩圏内)

 

授業はホテル内の一角を利用し、密にならないよう配慮します。


★ホテル設備

  • 無料WiFi(回線は光ファイバー接続。信号は非常に良好)
  • エアコンなし バンダラウェラ地域は涼しい気候のため、他のホテルを含め一般的にエアコン設備がありません。
  • 冷蔵庫なし
  • ヘアドライヤー利用可能
  • ルームサービスあり
  • シャンプー/石鹸
  • フロントで利用可能なセーフティボックス
  • レンタル自転車

2022年新高原ステイプランに含まれるもの


パッケージに含まれるもの(前後泊+PCRオプションありの場合)

  1. 空港出迎え ※土曜指定 空港近くの海岸の街ネゴンボに宿泊。
  2. SIMカード購入、両替など銀行のご案内 
  3. ネゴンボ~バンダラウェラのチャーターカー費用(約200㎞ 約6時間)※日曜朝出発指定
  4. バンダラウェラホテル宿泊費 滞在中のレストラン朝食付( 第1週目は朝夕食付)
  5. 授業料 
  6. コロンボ入管管理局でのビザ延長手続へのスタッフ同行(日帰り・交通費は実費要)
  7. バンダラウェラーコロンボのチャーターカー費用(約200㎞ 5時間~6時間)列車or深夜デラックスバス利用の場合あり。
  8. コロンボ市内での出国前PCR検査と陰性証明書作成費。土曜日指定。スタッフが同行します。
  9. 出国前日のコロンボ市内のホテル宿泊費
  10. コロンボー空港へのタクシー手配(料金込み)帰国日は基本は日曜指定。

前後泊+出発前pcr検査オプション


前後泊+PCRオプションに含まれるもの

  1. スリランカ到着当日のホテル宿泊代
  2. スリランカ出国前日のホテル宿泊代
  3. 出国前のPCR検査予約、PCR検査および陰性証明書の発行費用 希望者にはスタッフが病院へ同行します。

パッケージ費用


2022年バンダラウェラ新高原ステイプラン価格表 (2022.11.11改訂)

上記以外の期間の場合は、別途お見積もり致します。

前後泊+PCRオプションプランにはPCR検査諸費用も含まれており、お得かつ安心して帰国前準備ができます。基本的にパッケージとのセットでのお申込みをお勧めします。


プログラム参加の条件


  1. コロナワクチンの2回接種が完了して、2週間以上が経過していること
  2. 自身の体調が良好なこと(特に、持続的な発熱、感冒様症状や呼吸器症状がないこと)
  3. コロナ禍での海外渡航であることを認識し、滞在中の自身の感染リスクや、国内外の予期せぬ事態の発生の可能性を理解できること
  4. コロナ感染対策の基本的な事項が守れること
  5. 当校の基本ルールや現地スタッフの指示に従えること
  6. 当校スタッフの度重なる注意や指示に従えない場合、他の学生や教師の迷惑行為、犯罪行為があった場合、退学処分とする場合があります。

空港お出迎え


当校スタッフまたはドライバーがネームカードを持って到着出口付近(一か所のみ)でお待ちしております。空港はさほど広くないのでご心配は不要です。車でネゴンボの宿泊ホテルまでご案内します。(お迎え日は土曜日指定となります。)


simカード購入


緊急時の連絡のためSIMフリーのスマホの持参を推奨しております。到着時に空港内のカウンターで安価にSIMカードは購入できます。市内で購入するよりもスピーディーに対応してもらえるので空港内での購入がお勧めです。


ビザの延長手続き


コロンボの入管管理局で申請を行うことで、滞在期間の延長が可能です。

滞在期間の延長は2回まで可能で、最大6ヶ月の滞在が許可されます。

 

1回目の申請により、入国日から90日までの延長、

2回目の申請でさらに、90日の延長が可能です。

 

面接結果、滞在理由によっては、上記の日数の延長が許可されない可能性もゼロではありません。

通常は許可されます。

 

延長申請の受付時間: 平日 8:30〜13:30、土・日 休み。

 料金:25USドルです。

 

現金の場合はルピーにて、カード支払いの場合はUSドルで支払います。

手続きが不安な学生さんも多いので、当校のスタッフが手続きに同行します。

バンダラウェラ~OFFICEのあるコロンボへの移動が必要なため、丸一日の日帰り行程となります。

同日の授業は休講となりますことをご了承下さい。なお、交通費は別途現地での実費精算となります。

 

申請に必要なものリスト

  1. パスポート
  2. 顔写真:サイズ3.5㎝×4.5㎝(その場で撮影も可能)
  3. ボールペン
  4. 滞在在中の費用を証明できるもの(預金残高など)
  5. 出国する航空券 
  6. 滞在延長を正当化するための書類 (当校の入学許可書など)

入館管理局のウェブサイトからの情報では、4〜6が必要となっていますが、実際に提示を求められるケースは少ないようです。

 

ダウンロード
スリランカビザ延長書類
事前にダウンロードして記載しておけば手続き時間が短縮できます。
130703160737vistvisaext.pdf
PDFファイル 70.3 KB


感染対策


  • 各自体温計をご持参ください。毎日の健康チェックをお願いします。
  • 担当教師は基本的にはワクチン接種完了者とします。やむを得ない理由で教師が未接種の場合は、事前にPCRテストで陰性を確認します。
  • 授業を行う際には十分な換気に努めます。
  • レッスン時、他の学生との会話時、車移動の際にはマスク着用をお願いします。
  • スリランカ滞在中、基本的には日本でのコロナ禍での生活と同様の感染対策の励行をお願いします。

スリランカの医療体制


滞在中の急病やケガをされた場合は、最寄りの医療機関へご案内します。

大病や大けがの場合、コロンボ市内には外国人も利用しやすい近代的で質の高い私立総合病院が複数ございます。必要と判断された場合には救急搬送します。

長期滞在の方には、基本的に海外旅行保険への加入をお勧めしています。

コロナ感染に関連した費用の発生には、スリランカCOVID保険(加入必須)が適用されます。


出国前pcr検査の流れ



日本帰国時には、72時間以内に受けたPCR検査の陰性証明書(政府指定の書式あり)が必要です。

前後泊+PCRオプションプランでは、出発前日に当校指定のコロンボ市内の指定の病院で検査を受けて頂きます。その後、コロンボ市内の宿泊ホテルへとご案内します。

通常、検査から証明書発行には12~24時間かかります。

翌日(出発日当日)に陰性証明書を病院で受け取り、各自のフライト時間に合わせてタクシーで空港へ向かいます。

ダウンロード
日本政府 有効な「出国前PCR検査証明」フォーマット
必ず指定のフォーマットを使用すること
JAPAN certificate of testing covid-19.pd
PDFファイル 392.0 KB

日本へ入国・帰国した皆さまへ 「14日間の待機期間中」のルール


帰国前には必ず以下より最新情報をご確認下さい。